カプサイシンとイソフラボンが髪にいい理由

髪や頭皮の健康に良いと言われている成分はいくつかありますが、最近注目されているのがカプサイシンとイソフラボンだってご存知でしょうか?ピンとこない人も多いと思いますが、カプサイシンは唐辛子に含まれる成分でイソブラボンは大豆です。そうなんです!中華料理の代表である麻婆豆腐やキムチ豆腐などが効果的というわけです。

それではなぜカプサイシンとイソフラボンが髪に良いのでしょうか?この二つの成分を同時に摂取することで「IGF-1」という発毛効果が期待できる成分が体内に増加し、薄毛の改善になるのです。この「IGF-1」という成分はあまり聞きなれないものですが、発毛効果だけではなく女性にとって嬉しいアンリエイジング効果もあると言われる若返り成分でもあるのです。実際に研究したチームがありその結果高い確率で発毛効果を実証でき、カプサイシンとイソフラボンは発毛に効果があると言われています・・実はこの実験はかなり注目を集めた研究だったのですが、途中で画像などの不正が発覚す問題になったもので、研究結果自体は否定されるものではないようで不正がなければもっと多くの人が薄毛予防に応用できたのかもしれません。

カプサイシンとイソフラボンに発毛効果があると言うことが分かりましたが、問題はこれを食生活で取り入れるとなるとかなり多くのカプサイシンを摂取しなくてはならず、イソブラボンに関しては豆腐や豆乳などで比較的簡単に必要量を摂取できるのですが、唐辛子は難しいですよね・・実際に毎日この食生活を続けても効果が出なかった人の多くはカプサイシンが必要量に達していなかったことが原因とされています。キムチや唐辛子を大量に摂取することによる健康被害も気になるところで、胃痛や肌荒れ、便秘、下痢などの症状があらわれることがあるため一度に大量に摂取することは控えたほうが良いようです。

本来は毎日の食生活でカプサイシンとイソフラボンを摂取できたらいいのですが、副作用を考えるとこの二つの有効成分を同時に摂取できるサプリメントがあればいつでも手軽に必要量を摂ることができ、「豆腐と唐辛子を大量に食べなくてはならない・・」という精神的ストレスを軽減することができるのではないでしょうか?それでも改善がなかったらAGAのクリニックに行くことです!