女性ホルモン、エストロゲンが減少することによる体の変化

女性はホルモンに支配されていると言っていいほど体調や精神面、美容にまで影響を及ぼすほど身近なものですが、女性ホルモンは二つありエストロゲンとプロゲステロンに分けられます。女性ホルモンは大量に分泌されれば良いというものではなく、二つのホルモンのバランスが一番重要だと言われています。

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンで美容に大きく関わっているので、肌の柔らかさや艶、女性らしい体つき、髪のしなやかさや艶もこのホルモンが大きく関わっているのです。また、もう一つのホルモンは妊娠や生理などに関係の深いプロゲステロンです。このホルモンは妊娠を持続するために重要な役割を果たすため、妊娠中の女性はこのホルモン量が多くなり子宮で胎児を育てやすい環境が作られます。

美容をつかさどるエストロゲンが減少するのは年齢を重ねると誰にでも起こる事で、骨粗しょう症、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などの血管に関する病気の発症リスクが上がり、イライラ、動悸、めまい、ほてりなどの自律神経失調症の症状が現れることが多いようで、この症状は閉経前後の更年期に女性が悩まされる体と心の不調と同じですね!エストロゲンは女性らしさを保つホルモンなので、これが減少することで髪や肌のつやがなくなり、くびれや胸の張りもなくなります・・とにかく女性らしさを感じる部分が減少してしまうと言うことです。頭髪にも影響があり抜け毛が増え髪がだんだん細くパサパサになり、徐々に髪の量が少なくなることで頭皮が見える薄毛に進行する場合もあります。まさに閉経以降の女性特有の体型や髪質、健康状態を表しています!私の母も年上の友人もそうですが更年期を迎えると自分の体がどんどん女性らしさを失っていくのが分かるそうで、いずれ私もその時を迎えると思うとかなり恐怖を感じています・・

このようにみてみると、いかにエストロゲンの減少が女性には悪影響を及ぼすのか分かりますよね?ホルモンバランスを整えエストロゲンを十分に意識することが女性らしさを保つことにつながるのではないでしょうか?